ページのトップへ

サレジオ会 日本管区 Salesians of Don Bosco

【随時更新】 熊本地震 祈りと支援の呼びかけ


 

 このたびの熊本地震におきまして被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

 続く余震や土砂崩れの恐れの中、悲しみや不安の中にある皆様に心を寄せてお祈りいたします。
 
 サレジオ会は、亡くなられた方、被災者の皆様のために祈りを続けながら、「勇気と寛大な心で、外へと出かけていきなさい」という教皇フランシスコの呼びかけに応え、具体的な支援について、被災地の状況をふまえつつ、カトリック福岡教区・大分教区をはじめ地元の皆様と連帯しながら進めてまいります。
  
 このページでは、被災地に関する情報を随時紹介いたします。
 
──────────────────────────────
 災害ボランティア募集状況
────────────────────────────── 

 カトリックのボランティア団体としては、カリタスジャパンの支援を受け、「カリタス福岡・熊本センター(通称:くまセン)」が、カトリック福岡司教区によって、カトリック菊池教会(熊本県菊池市)内に開設されています。熊本地震被災地域の復興支援活動のため、支援対象は教会や信徒に限定せず、社会全体を対象としています。

 カリタス福岡・熊本センター(通称:くまセン)

 

 各自治体の社会福祉協議会(社協)は災害ボランティアを募集しています。詳細は、下記サイトおよび各社協のHPなどでご確認ください。

 熊本県「熊本地震に関する生活支援関連情報について(ボランティア/住居/救援物資/義援金/衛生/医療/障がい福祉/動物愛護)」2016年4月30日

 熊本県災害ボランティアセンター(熊本県社会福祉協議会内) 

 
──────────────────────────────
 カトリック教会での募金受付状況
────────────────────────────── 

★DBKドン・ボスコ基金 緊急募金

 サレジオ会が母体の「DBKドン・ボスコ基金」(代表 山野内倫昭サレジオ会管区長)は「DBK熊本支援チーム」を発足し、緊急募金を受け付けています。

   郵便振替番号:00190-5-292253
   加入者名:ドン・ボスコ基金
   ※通信欄に「熊本地震のため」と明記してください。

 当面の支援先は、カトリック福岡教区(熊本地震被災者支援室)、別府教会(サレジオ会としての被災地支援拠点)、日本カトリック学校連合会(被災地のカトリック学校・幼稚園を支援)とします(現地との連携体制が整い次第、支援先拡大を検討します)。

 

★カトリック福岡教区 緊急募金

 熊本県を担当するカトリック福岡教区の宮原良治司教は、地震の被災者のために祈りと募金を呼びかけています。

   郵便振替番号:01760-6-20729
   加入者名:カトリック福岡司教区
   ※通信欄に「熊本地震支援金」と明記してください。

 

★日本カトリック学校連合会 緊急募金

 一般財団法人 日本カトリック学校連合会は、被災したカトリック学校への義援金を受け付けています。

  ◎郵便払込の場合
   郵便振替番号:00120-9-292256
   加入者名:一般財団法人 日本カトリック学校連合会
   ※通信欄に「熊本地震のため」 と明記してください。

  ◎銀行振込の場合
   ゆうちょ銀行・〇一九店(ゼロイチキユウ店)
   当座預金:0292256
   一般財団法人 日本カトリック学校連合会
   ザイ)ニホンカトリックガッコウレンゴウカイ 
   ※通信欄に「熊本地震のため」 と明記してください。

 詳細は「日本カトリック学校連合会HP」をご覧ください。

 

★カリタスジャパン 緊急募金

 カトリックNGOの「カリタスジャパン」は熊本地震緊急募金を受け付けています。

   郵便振替番号:00170-5-95979
   加入者名:宗教法人カトリック中央協議会 カリタスジャパン
   ※通信欄に「熊本地震」と明記してください。

 詳細は「カリタスジャパンHP」をご覧ください。

 

★熊本カトリック女性の会 緊急募金

 熊本カトリック女性の会は、熊本に身寄りがなく避難している留学生についての情報や、介護施設・避難所などで今必要な物などの情報を収集して、難関を乗り切るための単発的な支援を行っています。

   肥後銀行 水通町支店 普)2570537

   名義: 熊本カトリック女性の会
 代表 本村多恵子
   ※通信欄に「熊本地震のため」 と明記してください。

 

──────────────────────────────
 被災地の状況  6月30日現在
──────────────────────────────
 2016年4月14日、16日に連続して最大震度7を記録した熊本地震が発生、その後も九州各地で1500回以上の地震が続いています。熊本地震は、激甚災害・特定非常災害に指定される大きな災害となっています。

 熊本県と大分県の資料(2016年6月30日現在)によると、地震での死者は熊本県で49人、避難生活等の影響による死者は熊本県で20人、重軽傷者は1,847人(熊本県で1,820人、大分県で27人)。建物被害(全壊・半壊・一部破損)は熊本県で150,540棟、大分県で5,034棟にのぼるとのことです。

 避難者数は、熊本県で25市町村・225か所の避難所に5,769人、大分県で0人となっています。

 交通網は、九州新幹線が4月27日に全線で運転が再開され、九州自動車道・大分自動車道も全線開通しました。

 支援物資の受け入れは、熊本県では被災地の混乱が続いていることから、小口の支援物資は当面受け入れないとのことです。

熊本地震災害に伴う支援物資のお申し出について(熊本県HP 2016年6月2日)

 当面、個人の方は義援金を中心に支援を行うのがよい状況かと思われます。

  
★自治体の公式HP

 ・熊本県公式HP
 ・大分県HP「おおいた防災ポータル」

NHK NEWS WEB(地震関連ニュース・時系列)

★被害状況・不足物資のツイッター分析システム

 国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)では、熊本・大分地域における被害状況や不足物資等に関するツイッターの内容を分析することができるDISAANA(対災害SNS情報分析システム)を無料公開しています。
 詳細は「情報通信研究機構HP」をご覧ください。
 DISAANA(ディサーナ) – 対災害SNS情報分析システムについて(2016年4月17日)
 
──────────────────────────────
 カトリックの教会・学校の状況
──────────────────────────────

 カトリック福岡教区 熊本地震被災者支援室によると、4月22日現在、教区内修道院、また修道会が経営する学校・施設等の被害状況は下記のとおりです。

 熊本市内の各教会で聖像や聖櫃、棚などが倒れたり、園庭にひびが入ったりするなどの被害が出ているとのことです。

 シスター方は皆さん無事ですが、教職員・生徒・園児などには多数被災者がいらっしゃるとのことです。

 県内のカトリック学校はすべて授業を再開しています。

★詳細は、下記サイト・Facebookをご覧ください。

 ・カトリック福岡教区 熊本地震被災者支援室HP
 ・カトリック福岡教区 熊本地震被災者支援室Facebook

 

カトリック新聞オンライン 随時、最新情報が配信されています。

 
   

 

──────────────────────────────
 サレジオ家族の状況
──────────────────────────────
★最新情報は、サレジオ会Facebook「ドン・ボスコの風」で随時お届けしています。
 
 サレジオ家族の支部は、熊本県にはありませんが、隣接する大分県、福岡県、長崎県、宮崎県、鹿児島県にあります。16日深夜の大きな地震で、大分県のカトリック別府教会では、イエスのみ心の聖像が落下して破損し、大理石の洗礼盤が割れるなどの被害が出ています。その夜、別府教会には近隣の人達が集まって避難所となり、主任のプッポ神父は人々に食糧などを提供。海の星幼稚園の庭で朝を迎えた方々もいました。

IMG_7689 IMG_7686 IMG_7678 

 

★被災地支援の取り組み

目黒星美学園中学高等学校(東京都世田谷区、サレジアン・シスターズ)「被災地に携帯トイレ支援」生徒の思い卒業生・保護者に広がる(2016年5月2日)

 

・各地の小教区で熊本地震による九州の被災地への募金を呼びかけ(2016年4月24日)

・都城聖ドミニコ学園高等学校(宮崎県都城市、イエスのカリタス修道女会)生徒会が熊本地震への募金を呼びかけ(2016年4月22日)

星美学園中学校・高等学校(東京都北区、サレジアン・シスターズ)福祉部、熊本地震救援募金を全学年で実施(2016年4月22日)

サレジオ学院中学校・高等学校(神奈川県横浜市、サレジオ会)「お米1合の日」集めた米を今月は九州の被災地へ(2016年4月21日)

目黒星美学園中学高等学校(東京都世田谷区、サレジアン・シスターズ)携帯トイレ1万セットを被災地に送る(2016年4月20)

日向学院中学校・高等学校(宮崎県宮崎市、サレジオ会)吹奏楽部・合唱部ジョイントコンサート「日向学院フェスティバル」で募金を呼びかけ(2016年4月17日)

 
 
──────────────────────────────
 熊本地震被災者のための祈り
────────────────────────────── 
 
 熊本地震被災者のための祈り①〜③/カトリック福岡教区

◆熊本地震被災者のための祈り①

 
天地万物の造り主である神よ、
あなたが天地を創造されたとき、それは極めて善いものでした。
熊本の地もあなたがお造りになったもの。
熊本地震で被災された人々の苦しみを顧み、心に留めてください。
今もいつも、希望をもって生きることができますように。
一日も早い復興がかないますように。
また、亡くなられた人々が、あなたの御手の中で、
安らかに憩うことができますように。
私たちの主イエス・キリストによって。アーメン。
(福岡教区長 宮原良治認可)
 
◆熊本地震被災者のための祈り②
主よ、熊本地震で被災された人々のために祈ります。
今、不安の最中(さなか)にいる人々に、
主よ、あなたの平和をお与えください。
今、愛する家族、友を失った人々に、
主よ、あなたの慰めをお与えください。
今、悲しみのうちに祈る人々に、
主よ、あなたの恵みをお与えください。
今、闇の中で迷う人々に、
主よ、あなたの光をお与えください。
今、傷ついた人を助ける人々に、
主よ、あなたの愛をお与えください。
今、みもとに召された人々に、
主よ、あなたの命をお与えください。
今、大地と人の心に刻まれた深い傷を、
主よ、あなたの御手で癒してください。
わたしたちがいつまでも忘れることなく、
苦しむ人々の心に寄り添うことができますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
(福岡教区長 宮原良治認可)
 
◆熊本地震被災者のための祈り③
 
いつくしみ深い父である神よ、
熊本地震によって受けた心と身体の傷に苦しむ人々のために祈ります。
周囲の人々の援助を通して一日も早く癒され、
希望をもって生きることができますように。
亡くなられた人々のために祈ります。
あなたの光の中で、永遠に憩うことができますように。
遺された人々のために祈ります。
現実を受け入れ、乗り越えていくための勇気と心の平安をお与 えください。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
(福岡教区長 宮原良治認可)