ページのトップへ

サレジオ会 日本管区 Salesians of Don Bosco

マリオ山野内倫昭管区長 さいたま教区司教に任命


 

2018年6月2日

教皇フランシスコは、2018年6月2日、ローマ時間の12時に、サレジオ会日本管区長のマリオ山野内倫昭(やまのうち・みちあき)神父を、長らく空位が続いていたカトリックさいたま教区の司教に任命したことを発表しました。

山野内被選司教は1955年生まれ。アルゼンチンに渡り、サレジオ会員となりました。スペイン語に堪能で、多民族が教会に集うさいたま教区での活躍が期待されます。2014年からはサレジオ会日本管区長を務めてきました。

日本でのサレジオ会員の司教就任は、仙台・高松教区長を務めた故フランシスコ・ザビエル溝部脩司教以来となります。

さらに教皇は、前田万葉大司教が枢機卿に任命されたカトリック大阪教区のために、2人の補佐司教を任命しました。ホセ・アベイヤ神父(クラレチアン宣教会)と酒井俊弘神父(オプス・デイ)です。

司教叙階式の日程は、おって発表されます。

これから新たな使命を受け、重責を担うこととなる山野内、アベイヤ、酒井各被選司教のために、皆様のお祈りをお願いいたします。

<参考記事>
バチカン Holy Seeウェブサイト 2018年6月2日
http://press.vatican.va/content/salastampa/it/bollettino/pubblico/2018/06/02/0406/00882.html

カトリック中央協議会ウェブサイト 2018年6月2日
https://www.cbcj.catholic.jp/2018/06/02/16847/

 

_DSC1026