ページのトップへ

サレジオ会 日本管区 Salesians of Don Bosco

マリオ山野内倫昭 さいたま教区被選司教の歩み


 

(Boscolink 2018年6月2日 バチカン)
http://www.bosco.link/index.php?document_srl=37738
Boscolink=サレジオ会EAO東アジア・オセアニア地域ニュースサイト

 2018年6月2日、教皇フランシスコは、日本のカトリックさいたま教区の司教として、サレジオ会員 マリオ 山野内倫昭(やまのうち・みちあき)神父(現サレジオ会日本管区長)を任命しました。

 マリオ 山野内倫昭神父は、1955年12月8日、大分県佐伯市に生まれ、現在62歳。1964年、8歳の時、家族と共にアルゼンチンへ移住しました。1975年、アルゼンチンのマヌーチョでサレジオ会修練院に入り、1982年1月24日に終生誓願。1976年から1979年にかけて、アルゼンチンのコルドバで哲学と神学を学び、神学と教育学の学士号を保持しています。そして、1984年12月21日にアルゼンチンのサンフアンで司祭として叙階され、1997年2月26日、41歳の時に再び日本に戻りました。

 司祭叙階以来、アルゼンチンと日本で、管区レベルでも様々な任務にあたってきました。

 アルゼンチン:学校での要理教育担当(コルドバ、1985-1991)、修練長(ラプラタ、1991‐1992)、修道院長(ブエノスアイレス、1992-1996)、管区評議員(1987-1992)。

 日本:サレジオ・スタディーセンターでの日本語学習(大分、1997-1998)、育英高専(現サレジオ工業高等専門学校)での霊的指導と杉並修道院長(1999-2004)、調布サレジオ神学院長・四谷修道院長(2004-2010)、扶助者聖マリアの会(ADMA)の霊的指導者(2010-2014)、管区評議員・養成委員長(2007-2009)、同窓生顧問(2009-2012)、副管区長(2010-2014)、管区長(2014-2018)。

 山野内管区長は、日本管区の長上としての4年間の間に、特に管区の再構築の過程を入念にフォローし、日本の教会において、サレジオ会が貧しい青少年や移住者を使命の対象として優先的に選択していく方向性を育てていきました。また、サレジオ家族のアニメーターとして、ADMAやサレジアニ・コオペラトーリ(2017年にEAO東アジア・オセアニア地域大会を東京で開催)、そしてサレジオ同窓会日本連合(2015年発足、2020年にはアジア大会開催を予定)などに深く同伴してきました。

 「カトリック教会現勢」(カトリック中央協議会 2016年版)によれば、埼玉・栃木・群馬・茨城の4県を受け持つさいたま教区には、54の小教区があり、人口およそ1,400万人のうちカトリック信者数は約2万1千人(人口の0.15%)で、53人の司祭、6人の助祭、153人の修道者がカトリック教会や教育・福祉施設等の現場で働いています。このほか、データに含まれない多数の外国人信徒が在住していると推計され、さいたま教区全体の信徒数の7割以上を占めると考えられます。

 山野内マリオ神父の司教任命によって、サレジオ会広報の積極的な発信者の1人を我々は失うことになります。マリオ神父は、サレジオ会EAO東アジア・オセアニア地域のAustralasia Newsに多くの記事を送り、いつも日本管区のイベントや夢、管区で進むプロセスについて分かち合ってくれていました。さらに、2015年からは、管区長ビデオメッセージを立ち上げていました。

 EAOの全サレジオ会員、特に同志である11名のサレジオ会管区長に代わり、マリオ神父の新しい任務に、心からお祝い申し上げます。そして、この歴史的に特別な時に、日本管区とさいたま教区の共同体全体のためにお祈りいたしております。

<参考記事>
バチカン Holy Seeウェブサイト 2018年6月2日
http://press.vatican.va/content/salastampa/it/bollettino/pubblico/2018/06/02/0406/00882.html

 

ANS サレジオ会情報局ウェブサイト 2018年6月4日
http://www.infoans.org/en/sections/news/item/5608-vatican-salesian-fr-yamanouchi-appointed-bishop-of-saitama

 

Mario 2

サレジオ会総長アンヘル・フェルナンデス・アルティメ神父と。2014年、第27回サレジオ会総会で訪れたバチカン・サンピエトロ大聖堂にて。

 

FrMario_160918_Hamamatsu

四日市サレジオ志願員の志願生たちと。2016年9月、カトリック浜松教会を訪問して。

 

hamamatsu7

趣味のギター演奏を披露。2016年3月、カトリック浜松教会での復活祭で。浜松教会はさまざまな国籍の人びとと家族が集い、人生を分かち合う”大家族”。

 

Timor L. orfanato

日本管区長としてEAO東アジア・オセアニア地域の各地を歴訪。写真は2017年、東ティモールで児童養護施設の子どもたちと共に。